サロン脱毛も忍耐!

3年ほど前のことです。それまでムダ毛に悩まされていましたが、「もう自己処理は嫌だ!」と耐え切れなくなり、思い切って脱毛サロンに行くことにしました。

脇やすねだけでなく、IVOの脱毛も進められたので、人にデリケートゾーンを見られるのが少し恥ずかしかったですのが、せっかくなので一緒に契約することにしました。
脱毛当日は裸にタオル、紙のショーツという格好でベットの上に寝転がりました。サロンのスタッフがローションを塗り、「じゃあ、光あてますねー。」と言ってレーザーを当てたところ、「バチンっっ!!!!」と今まで感じたことのない激痛が走りました。

「痛いですよね…。大丈夫ですか?」と言われるものの、途中でやめるわけにもいかず、ただただ痛みに耐えていました。脱毛前まで感じていた羞恥心も一瞬で吹っ飛び、ひたすら早く終わることを祈りました。
我慢すること30分、無事脱毛が終わりました。これがあと何回続くんだろう…と絶望的になりながらも何回か通ううちに毛が薄くなり、今ではツルツルになりました。サロンの脱毛は楽してきれいになるイメージでしたが、何事にも忍耐は必要なんだなぁ…と思いました。
管理人のお世話になってるサイト>>>>>シースリー 長崎 口コミ

お気に入り