アコースティックギター(ソロギター)に関して

アコースティックギター(以下アコギ)の歴は五年ほどの私なのだが、今現在も暇な時間にアコギを弾いている。アコギでは大きく分けてコードを弾く弾き語り派の人と、主旋律と伴奏を一緒に奏でるソロギター派に分かれるが、私は専らソロギター派である。理由は、ソロギターの方がよりその音楽を弾いている感覚があるというのと、賃貸でも弾けたのはソロギターだったからだ。弾き語りの場合は声を出して歌うのでどうしても騒音が気になるのだが、ソロギターではサイレントギターという騒音を減らす工夫をされたギターがあり、そちらを用いることで壁ドン回避に繋がる。勿論、サイレントギターを用いて弾き語りを行うことはできるのだが、ギターの音にあまり重みがないので、弾き語りには向いていないと私は思っている。今は賃貸ではなく一軒家なので気にせず弾き語りも出来るのだが、私はソロギターをやってきた期間が長かったので今だにバレーコードのFやBのコードを弾くのに手間取るのだ。今後は弾き語りをそつなくこなせるよう努力を重ねていきたいと考えている。ミュゼに通いたいけど近い店舗あるか

お気に入り