カミソリ負けを防止対策について

ムダ毛の自己処理でカミソリでの処理方法はお金もかからず、自宅でできるので女子の間で大人気です。

カミソリでのムダ毛の自己処理は手軽にできるのですが、お肌への負担はかなり多くなります。ミスをして、お肌までそってしまったという方も少なからずいるのではないでしょうか?

カミソリでムダ毛を処理したとき、湿疹や肌荒れが起きてしまう、いわゆる「カミソリ負け」にお悩みの方は多いと思います。

カミソリ負けとは、カミソリでムダ毛を処理する際、皮膚の表面に傷ができてしまい、ひりひりしたり、赤み、かゆみ、出血などのお肌に炎症が起きる症状です。

カミソリ負け自体は男女問わず起こりますが、女性は男性に比べ皮膚が柔らかく、また、腕や足、脇の下や顔など、処理する部分が多いためか、男性よりカミソリ負けが起きる可能性が高いといわれています。

特に、毛の生えている流れと逆の方向に剃る「逆剃り」は、皮膚への負担が大きい剃り方なので剃る前に必ず毛の方向を確認してから剃ることをおススメします。カミソリ負けを防ぐためには、化粧水やクリームによる保湿やアフターケアも大切です。

自己処理に疲れたらぜひラットタット(rattat)での脱毛をおススメします。
ラットタット(rattat)池袋店

お気に入り